宮崎市中村東のきくち皮膚科泌尿器科クリニック|アトピー、陥入爪の矯正、前立腺肥大症、過活動膀胱、ED、AGAに対応

〒880-0904
宮崎県宮崎市中村東2-1-29

MENU

  • HOME
  • 院長の想い
院長の想い

患者さんの気持ちになって、少しでも痛みを和らげる工夫を施します

患者さんの要望に少しでも配慮できるように心がけています。例えば、爪や足裏のトラブルでお悩みの方には、爪を切ったりタコを削ったりもします。痛みを伴う処置では、ご希望によって麻酔を塗るなど、痛みの緩和をします。

はじめての患者さんには問診室などで、看護師が現在の病状から既往歴、常用薬の有無などを伺い、スムーズな診療につなげます。心配事なども遠慮なくお話しください。必要な場合は、先に応急処置も行います。

検査の画像は、診察室のモニターを患者さんと一緒に見ながら説明することが可能です。水虫や深爪、円形脱毛症などの症状には、半年のスパンの治療が必要であることもお伝えし、画像で経過をお見せしてわかりやすく説明します。改善された状態を見て喜ぶ患者さんの顔を拝見すると、私も嬉しくなります。

皮膚科と泌尿器科で経験と研究を重ね、現在の診療につなげています

私はこれまで大学病院などでは、泌尿器科と皮膚科で診療をしながら臨床研究をしてきました。特に、宮崎大学医学部皮膚科学講座(現:宮崎大学医学部感覚運動医学講座皮膚科学分野)では、皮膚がんの研究をしていました。その経験が現在も行っている皮膚の良性・悪性の腫瘍切除術に役立っています。

「日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医」と「日本泌尿器科学会認定 泌尿器科専門医」の資格を有していますので、皮膚にまつわるトラブル、また排尿障害、頻尿症などにも対応できます。木曜日午後に行う腫瘍切除や巻き爪などの手術は、所要時間はそれぞれ約30分、約15分ですので、日帰りでの対応です。※

金曜日は20時(受付19:45まで)まで診療していますから、会社の帰りでも通えます。これからも、地域のみなさまのお役に立てるように努めていきたいと思います。
(※巻き爪は一年かけての矯正となりますので、通院が必要になります。また、腫瘍切除は翌日と一週間後に通院が必要となります。)

納得できる医療を目標に、患者さんには十分な説明を行います

当クリニックは明治に開院し、私は4代目として平成21年に父から継承しました。患者さんへの十分な説明によって納得できる医療を目標とし、同じ目線に立つことで、患者さんの気持ちに寄り添い、生活の改善のお手伝いができればと思っています。院内にはバリアフリーやキッズルームも設置しています。

医療を通し、地域のみなさまと共に暮らしていきたいとスタッフ一同が願い、少しでも気軽に、そしてリラックスして診療を受けていただけることを当院のモットーにしています。そのため、院内を清潔に保つよう細心の注意を払い、さまざまな医療機器をそろえ、患者さんにとって何がより良いかを考えていきます。

ちょっとしたことでも遠慮なくお話しください。当クリニックでできることは精一杯治療に努め、できないことは丁寧に他の医療機関をご紹介いたします。